サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル

  

「できなくても考えた分だけ賢くなる」
幼児期にとって育成すべき能力とは何か?を長年にわたり徹底的に研究した結果生まれた のがB-MATです。算数教育を基盤とし、「覚える人になる前に考える人になろう」と言わ れています。テキストだけではなく、ブロックや紐通しなども使用し、考える力を楽しみ ながら伸ばします。
現在、すぐに答えを求める傾向にあります。B-MATでは答えが大切ではなく、その過程( 考える時間)を大切にします。できる・できないは関係ない。考えることが1番大事。そ れがB-MATです。
詳しくはこちらをご覧ください。 こちらをクリック >>

  

「英語を楽しもう!」
「英語」と聞くと少し難しいという印象はないですか?
実は子どもたちはそうは思っていないのです。「これ英語で何て言うか知ってる?」など 英語への興味・関心を見受けることができます。
その子供たちの思いを伸ばしてあげたい。それがめぐみ園の英語教育です。
英語をただ聞くだけでなく、一緒に歌を歌ったり、ゲームを通して楽しく英語に触れ、「 英語を勉強する」というより「英語に触れることは楽しい!」という感覚を大切にしてい ます。

  

「正しい字・姿勢を知ろう!」
正しい鉛筆の持ち方や姿勢を教えていただいています。
大きくなるにつれ良くない癖がつくと直すのが大変になってきます。
そうなる前に正しいことを身に付けることがとても重要です。 また、ひらがなを知り始めたばかりの子どもたち。その知り始めた今がとても大切な時で す。
「字」はこれから先も一生付き合っていくもの。だからこそ最初にきちんと知ることは大 切になります。
「とめ・はね・はらい」きちんとした字の書き方を教えていただき、ひらがなの美しさを 学びます。

  

「“和“に触れよう!」
日本の伝統文化である「茶道」を通し、礼儀作法や挨拶の仕方、美しい所作、マナーなど を教えていただいています。
今では家庭に少なくなった床の間や畳という環境の中で、掛け軸や生け花を飾り、知識や 自然を知りながら、茶道を通し、日本古来の人と人とのふれあいを体験します。
お友だちへの気遣い、おもてなしの心、謙虚な心など、“和の心”を通し成長段階において 大切なことを学んでいます。